テレビ出演ランキング

壇蜜の公式ブログ更新情報

壇蜜のオフィシャルブログ更新情報です。

壇蜜オフィシャルブログ「黒髪の白拍子。」Powered by Ameba

  • 級長は手長海老?

    2019/2/15 20:57

    入学したい。海老たちと
  • メニューコレクター。

    2019/02/14 21:08:37

    郵便受けに入っているチラシを眺めていると、土地買いませんか?お墓ありますよ?塾はいかがですか?…等々様々な文言でのアピールが彩り豊かに並んでいます。しかし、結構な確率で今の自分に関係ないチラシばかりなので、「…ありがとう。でも今はあんまり必要ないかも…」と謝りながら分別している次第です。しかし、いつかは必要になる日が来るかもしれないので、とりあえず一通り読んでから…。さすがに塾はこの年で通っていいのか、はたまた通わせてくれるのか疑問で
  • 爬虫類のかおり。

    2019/02/13 23:06:21

    猫の匂いや小鳥の匂いは「ああ、するなぁ」と解釈できますが、蛇やトカゲの匂いというのはなかなか嗅げないものだなと世話をしていて思います。無論排泄物にはほんの少し特有の匂いがありますが、毛がはえていない、変温性の生き物は特徴的な匂いがしないのも特徴かもしれません。野生で生きていく際に匂いがあると、捕食者としては小動物や虫に逃げられてしまいますし、被食者としてなら鳥などに居場所がばれて獲物になる危険が増してしまうからでしょうか…。一度、彼らが
  • お試しの罠。

    2019/02/12 20:09:24

    買い物をしていると、見ているだけで嬉しくなる言葉があります。特に「~%増量」「お試し価格」「限定品」などは「おおお…」と歓声をあげずにはいられません。もちろん、一人ですので小さな声での歓声ですが。このような文字にであったらもう大変。本当に必要かどうかをちゃんと吟味しないと、ついついカゴに入れてしまいがちです。チョコレート菓子、洗剤、生理用品などがよく「お得だからとつい買ってきたはいいものの、帰宅して在庫の多さにびっくり」現象を引き起こします。お得に
  • 失せものめ。

    2019/02/11 18:28:10

    靴下が片方、手袋が片方…洗濯物中に注意していてもどこかのタイミングで離ればなれになってしまうこの現象。いったい何故起きてしまうのでしょうか。持ち運ぶ際、脱ぐ際、洗う際、乾かす際…そして回収する際…コンビが生き別れになるタイミングはあるにはあるのですが、私は独り暮らしでそこまで衣類を持ち歩くような仕事ではなく、休日もサウナかプールくらいでしか家以外で着替えの機会もないはずなのに…なぜコンビの片割れがいなくなる事案が多
  • 宿ってる。

    2019/02/10 18:13:45

    昔はぬいぐるみと一緒に寝ていました。独り暮らしを始める前まで、です。結構なアレな時期まで…と我ながら恥ずかしいのですが、今でもぬいぐるみと一緒に寝るのはそこまで変なことではないと思っています。我が家の灰色の同居人が「なにこれ!?」と驚くのでそばに置かないようにしているのです。子猫のときはぬいぐるみをガジガジ、スリスリしながら遊んでいたのですが、大人になってからは「…なんか、いる」とぬいぐるみを少しずつ敬遠するようになったのが不思議です
  • 週末のおてがみ。

    2019/2/9 22:53

  • スヒーが守ってくれる。

    2019/02/08 21:02:13

    加湿器から出てくるかすかな「スヒー、スヒー」という音が好きです。スヒーかどうかは私の耳基準なので正解は不明ですが、私にはスヒーと呼吸しているように感じます。我が家の加湿器はペットボトルに水を入れて加湿の機械を上に乗せるタイプのもので、ペットボトルがあればどこでも加湿できます、というものです。しかも、専用のアロマリキッドもあるそうで、リラックスに最適なのだとか。購入したお店では、湯気が出ないのに良い香り漂う不思議
  • 散歩雑記。

    2019/02/07 22:43:53

    節分から数日が経過し、今日の東京は朝から暖かく、外に出てみて驚く程でした。近所をちょっと歩いたのですが、梅の花が咲いている場所もあり、「先日まで雪の予報だった気が…」と思いつつ、やや咲き始めた梅の花を堪能しました。しかしこのまま暖かくはならないのがこの季節、気温に振り回されて風邪を引くのは何とも悔しいので、気をつけて生活せねば…。体調管理って、大人になるにつれて難しくなりますね。小さい頃は大
  • それでも一緒に。

    2019/02/06 22:10:57

    2月になり、カレンダーを1月からめくって…、そんなカレンダーの群れ(我が家は無駄かと思われてしまうほど結構な数のカレンダーをセットしています)の中に、1月と2月が同じページのものがあります。うっかり勢いでめくってしまいそうになりながら「おっと、こちらはまだですね」と手を止めます。まだもう一月お付き合いできるとわかると、先程までめくっていた1月のカレンダーへの名残惜しさも和らぎます。これをめくるときはもう3月です。あっという間感はありそうですね。昨年