テレビ出演ランキング

『キングオブコント2013』予選で「あいざき君と江藤くん」がコントを披露!

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2013年8月5日 14:40

現在、コントNo.1を決定する『キングオブコント2013』の予選が開催中。8月3日に新宿・シアターブラッツで行われた予選1回戦の最終日に、70年代に活躍したスーパーアイドル・あいざき進也と江藤博利(元ずうとるび)によるコンビ「あいざき君と江藤くん」が出場し、昭和の香り漂う王道コントで、会場を爆笑の渦に包み込んだ。

70年代を彷彿とさせるギラギラな金色の衣装を纏った2人は、アイドルのイメージと本当の自分に葛藤する姿を題材にしたコントを披露。江藤のボケにあいざきがクールなツッコミを入れていき、江藤が椅子から派手にずっこけて終わるという、50代とは思えないエネルギッシュなコントを見せてくれた。

公演後の記者会見で、芸風を聞かれると、江藤は「僕たちの時代(昭和)は体を張るのが主流だったので、こけて終わりたいというのがあった」と告白。「ネタ作りは、知り合いの劇団の脚本家さんが書いてくれたものをみんなでアレンジしていきました」と裏話を明かした。

出演のきっかけは、江藤があいざきに電話で誘ったことだという。あいざきは、「俺は真面目に歌手をやってるから……」と一度は断ったものの、お笑い好きの愛娘に「受験頑張るからやって!」と背中を押されたことにより、決意したとか。あいざきは「いくつになってもチャレンジをするということで、今回やらせていただいた」と、熱い思いを語った。

2人は、「初めてコントをしたけど、難しいし緊張しますね。歌などとは全然違う緊張でした」(あいざき)、「芸人さんはこんな緊張の中でやっているのか……!」(江藤)と胸中を告白していたが、江藤は、ド派手な衣装について「普段着です」とボケるなど、余裕シャクシャクの様子も見せていた。また、江藤は「堂々とやっているように見えるけど、裏では新人みたいに猛練習しています」と、相当な気合いを入れていたことを明かした。

また「キングオブコント」以外での活動について江藤は「あいざきのファンも、もう歌ばかりは飽きている。ここぞとばかりに2時間コントのみでやりたい」とぶち上げると、一方のあいざきは「(予選に)受かったら考えます」と苦笑い。さらに、予選1回戦の通過者の発表を前に江藤は、「合格したってブログに書いていい?」と、マイペースさを発揮しあいざきを慌てさせるが、その夜の予選通過者の発表で不合格が決定。その後に書かれた本人のブログには「なんで落ちたのか?わからない状況かな?(笑)」と意気消沈するも、「もっと勉強して来年またチャレンジしたいです。力不足でした。この屈辱をバネにまた頑張ります」と、来年の雪辱を誓った。

『キングオブコント2013』決勝の様子は、TBS系で9月下旬から10月上旬に放送予定。

■『キングオブコント2013』
決勝戦9月下旬~10月上旬(TBS系で生放送予定)


関連リンク
「江藤博利」公式ブログ

全文を表示