テレビ出演ランキング

チョコレートプラネット『フクロ怪獣』サトシ&ペカチョーに抱腹絶倒!「マジで腹筋が崩壊」

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2021年4月8日 15:07

4月7日の『有吉の壁』(日本テレビ系、毎週水曜19:00~)では、放送時間変更1周年を記念して「1周年の壁を越えろ!2時間SP」が放送された。インターネット上では「スピーチの壁を超えろ!第3回日本カベデミー賞」で、チョコレートプラネット(長田庄平松尾駿)が演じた“サトル”&“ペカチョー”に衝撃を受けた人が溢れていた。

同番組は、次世代を担う若手お笑い芸人たちが、MC有吉弘行、アシスタント・佐藤栞里の進行のもと、様々なジャンルの“お笑いの壁”にチャレンジし、「壁を超え芸人として成長する」というコンセプトのバラエティ。

今回、「スピーチの壁を超えろ!第3回日本カベデミー賞」が開催された。これは、日本アカデミー賞に居そうな俳優になりきり、有吉のムチャぶり質問に即興で回答し、最優秀に選ばれた人は「感動のおもしろスピーチ」をするという企画。

最優秀助演女優賞に選ばれたのは、岡部大(ハナコ)。「自分が?」と腑に落ちない顔でスピーチ台に立つ岡部は、しどろもどろで「感動のおもしろスピーチ」を披露するが、有吉は無言のまま。なかなか判定を下されず、沈黙が耐えきれなくなった岡部は、目をむいて会場に助けを求める。そして、ついに音を上げ「ご、ごめんなさい!」と謝る拍子に「フガッ」と鼻を鳴らしてしまい、終了。すると岡部が手にしたトロフィーから電流が流れ、有吉のNG判定が下された。

また、最優秀主演男優賞の場面では、『フクロ怪獣』主演・サトルとして、長田がノミネートされ、一緒に来た怪獣・ペカチョー(松尾)を紹介した。そこで長田は持っている“フクロ”でペカチョーをしまう技を披露、見事、最優秀主演男優賞に選ばれた。しかし、壇上に立つと「感動のおもしろスピーチ」に悪戦苦闘。長田に助けを求められたペカチョーは「ペカ?」と不思議そうに長田の隣へ。すると電流トロフィーを長田の代わりに持つことになった挙句、判定も決まらぬうちから電流を流され、不満で怒るペカチョー。長田はそんなペカチョーをさっさとフクロにしまい込み、有吉からスピーチ合格の判定を授かると、満足そうにニヤリとし、最優秀主演男優賞の喜びを味わった。

ネット上ではこのサトル&ペカチョーに話題が殺到し、「めちゃ笑顔でペカチョーを捕まえるサトルくんはカオス」「ペカチョーはマジで腹筋が崩壊するかと思ったw」「ペカチョーの切ない顔が今年度いちばん笑った」「『フクロ怪獣』で1週間は笑える」「ペカチョーやばい。サトシ的なテンションの長田さんもすき! また出ないかなぁペカチョー」とこのキャラにすっかりハマってしまう人が続出していた。

次回は4月14日放送。「一般人の壁を越えろ!おもしろショッピングモールの人選手権」「流行語大賞の壁を越えろ!ブレイク芸人選手権」が開催される。

関連リンク
【動画】『有吉の壁』の最新回を視聴する

【無料動画】TVerで『有吉の壁』期間限定で配信中!

小関裕太演じる子犬系年下男子にファンメロメロ「ハマるに決まっている」

鈴木亮平の台本に忠実すぎる“司会”ぶりに城島茂が猛ツッコミ!

米倉涼子は3回結婚する”という鑑定にネットでは「安住アナと一緒になったらいいのに」の声

マヂラブ野田、15年前の元相方登場にガチガチ萎縮「いまもちょっと怖いです」

江口のりこ“恵”、カップルを横目にソロで動物園を堪能!夜の水族館ではビールを…

全文を表示