テレビ出演ランキング

青木崇高演じる石川のクズ人間ぶりに「クソ過ぎて最高」「本気で嫌いになりそう」

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2021年3月31日 11:51

坂口健太郎が主演を務めるドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』(カンテレ・フジテレビ系)が、3月30日に放送。インターネット上では、青木崇高演じるクズキャラに多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

2018年にカンテレ・フジテレビ系で放送した連続ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の続編。謎の無線機が“現在”と“過去”の2人の刑事を繋ぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス。3年ぶりの新作となる今作でも、“現在”を生きる刑事・三枝健人を坂口が演じ、北村一輝が演じる“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志と再びタッグを組む。物語は、2018年の連ドラ最終話後の2020年に舞台を移す。

いよいよ大山と対面する日がきた。しかし彼は、元警視庁管理官・中本慎之助(渡部篤郎)殺しの濡れ衣を着せられて逃走。そんな大山を救うべく、未解決班に再び配属された健人は、桜井美咲(吉瀬美智子)と共に事件を追うことに。

彼らのもとにカメラマンの武田寿士(古川雄輝)が訪ねてきた。彼は、20年前に自殺したはずの女優の卵で婚約者の上杉胡桃(桜井ユキ)が生きていると語る。数日前、彼が思い出の地で撮影した写真に胡桃らしき女性が写っていた。もし彼女が生きているとしたら、自殺した貯水池で発見された遺体は別の人物ということになる。早速、捜査に乗り出すが、遺族が非協力的なこともあって難航する。

行き詰まる健人が持っていた無線が鳴り始めた。大山は、20年前も逃走中の身にも関わらず、捜査に協力してくれるという。2000年、大山は当時の武田に接触。さらに、彼女が所属していた鳥羽プロダクション社長・鳥羽(駿河太郎)の証言により、建設会社社長・石川匠(青木)と彼女がパーティで出会っていたことを知る。鳥羽が斡旋したパーティに参加した胡桃は乗り気ではなかった。それに苛立った石川が、ビデオを回して無理やり襲ったのだ。

石川のクズぶりを聞いた健人は、早速彼のもとへ。石川は現代でも女遊びに勤しんでいた。「上杉胡桃さんをご存知ですね?」と冷静に問う健人。自身の推理を述べていくが、元刑事の石川は彼を煽っていく……。一方、美咲はあるヒントを掴んでいた。

ネット上では、青木演じる石川のクズっぷりに「青木さんがクソ過ぎて最高でした(めっちゃ褒めてる)」「(演技が)うますぎて本気で嫌いになりそう」「突き抜けたゲスぶりとメッキが剥げた後の小者っぷりがいい」との声があった。

関連リンク
【無料動画】TVerで『シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル』期間限定配信中!

ニューヨーク有吉弘行山崎弘也に抗議!「ロンハーの時だけ不良みたいな顔になる」

チャンカワイが弱音!?「ラム肉はどれだけ食べても太らないのか」を検証

入野自由、過去Mr.都市伝説 関暁夫と出会っていた!?伊藤静と朗読劇を披露

TOKIO4人だけの最後のトーク!長瀬智也「TOKIOだからやってこられた」とラストメッセージ

全文を表示