テレビ出演ランキング

クラシック船に魅せられた船乗りの愉しみ「挑戦しがいがあって興奮するし、そこがいい」

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2021年1月14日 15:59

世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。1月8日(金)の同番組では、オーストラリア・ネルソンベイマリーナを特集した。シドニーから車で2時間ほどのポートスティーブンス。 静かなリゾートエリアの中心にあるのが、ネルソンベイマリーナだ。

このマリーナでは、古い木造船が対岸へ向かう足となっている。ポートスティーブンス・フェリーは1944年に作られた木造船で、もともとは弾薬を運ぶ海軍の船だった。戦後、フェリーに改造され、座席には映画館の椅子が再利用されている。「操船は少し難しくて、より技術が必要です。最新の機器も便利な道具も付いていませんからね」と話すのは、この船のキャプテン、ヨハン・コレットさん。操船だけでなく、メンテナンスにも手間がかかるが、だからこそこの船に乗りたかったそう。

この船に乗りたかった理由は古いからだよ。操船はとても挑戦しがいがあって興奮するし、そこがいいのさ」(コレットさん)

手間がかかるからこそ、かわいい“相棒”。そんなクラシック船の魅力に夢中のようだ。なお、1月15日(金)放送の『港時間』では、フランスのレ・サーブル・ドロンヌを特集。世界一過酷なヨットレース『ヴァンデ・グローブ2020-2021』に参戦中の白石康次郎さんが、南米最南端の難所、ホーン岬越えに挑む。※『港時間』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※番組情報:『港時間』
毎週金曜 深夜0:15~0:20、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
(ABCでは毎週金曜 よる11:10~、メ~テレでは毎週日曜 午後4:25~に放送)

関連リンク
大西洋で一人ぼっち、予測不能のトラブル発生…世界一周完走に向け「いよいよ正念場」

リタイア後に手に入れた“海を走る自由時間”「風の気持ちを考えながら一緒に走るのは楽しい」

4万5千kmのドラマ、世界一過酷な旅のはじまり「きっと帰ってこられますよ。安心してください」

すべて手作業で船をつくる。90年貫いたメイド・イン・ジャパン「100年、150年とつづけていきたい」

最新鋭のハイスピード・ヨットが出す驚きの速度「この船は簡単に出ます」

全文を表示