テレビ出演ランキング

ケンコバ、小澤陽子アナの“手短に”辞めたい宣言に「急に言うたらダメです!」とピシャリ『全力!脱力タイムズ』

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年10月10日 13:32

ケンドーコバヤシが10月9日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。インターネット上では、ある騒動のパロディに多くの反応があった。

世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当する。ゲストは、コバヤシのほか、白石聖

番組が大盛り上がりの中、エンディング。何やら小澤アナの様子がおかしい。白石が「すごく楽しかったです。ありがとうございました」と振り返る中、小澤アナは「ちょっとお時間いいですか? 手短に話すんで」と前置きしつつ「これまで4年間『全力!脱力タイムズ』に携わらせていただいてきたんですけど、私、朝早く起きて夜早く寝る生活をしていて……」とコメント。このあたりからコバヤシが、彼女の発言の意図を理解したようで大笑い。机に顔を突っ伏した。(※)

「この番組に出るのが辛くなってきたので、『辞めたい』って会社に言ったんですけど、3、4か月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と小澤アナ。有田が「僕に言われても困る」と慌てると、コバヤシも「そうですよ。急に言うたらダメです! 見ている人(何をしているのか)分かるのかな?」とつぶやいた。

すると、全力解説員・吉川美代子も気まずそうに「私もいいでしょうか。手短に話しますので」と割って入った。コバヤシは「ダメですよ。手短に言うことじゃないんです! ホンマは!」と言うも、彼女も早寝早起きの生活をしていると話しつつ「フジテレビに、『私がジャズを歌う番組を1本作ってくれないか』と企画書を出しているんですけど……」と回顧。こちらも3、4ヵ月無視をされているため「辞めさせてください」と申し出た。

まだまだ止まらない。白石も「手短に話すんですけど」と言いつつ、ドラマ『恐怖新聞』の番組宣伝。「(今回も含め、番組内で)2度告知できたので、私も女優辞めます」と乗っかり。コバヤシは目を丸くして「何のために?」とツッコミを入れた。

有田がこの状況に苦言を呈すと、コバヤシは「私事なんですけど、一部ネットニュースだけで、盛り上がっていた事件があったんですよ。すみません。僕が悪いのかな?」と謝罪。有田から「本番中に急に辞めたいという人どう思いますか?」と質問をぶつけられると「へ?」と困りつつ「各々の関係者と話し合ってくださいよ!」と一言。「話を聞いてくれない」という小澤アナには「やれよ仕事は! 大人やろ!」と叫んだものの「たまにお酒を飲みながら考えたりしますよ。『なんか力になれることあったんかな』とか」と本音を吐露して笑いを誘った。本番終了後、コバヤシはパロディにできたことで「あの件も成仏できました」と笑顔になっていた。

ネットでは、まさか騒動をネタにすると思っていなかった視聴者も多くいたようで「仕掛けが本当に凝ってる笑」「追い詰められてるケンコバさん最高だったwww」「あのパロディをするとは流石だな」といった声があった。

次回は10月16日に放送。新川優愛サバンナ高橋茂雄がゲスト出演する。

ケンドーコバヤシが出演中のラジオ番組で出演者が突然降板宣言をした出来事があった

関連リンク
【無料動画】小澤陽子アナらが“手短に”辞めたい宣言!?白石聖の引退発言にもスタジオ大慌て『全力!脱力タイムズ』

日向坂46影山優佳のサッカー愛が止まらない!ヴィッセル神戸立花社長も感嘆「かなりのレベル」

柴咲コウ演じる“望美”「心は10歳、体は35歳」の自分を受け入れられず…『35歳の少女』第1話

安藤サクラ、野生イルカと戯れる!美 少年・那須雄登はムササビ親子の貴重映像求め高尾山へ『みんなのどうぶつ園』

白石聖演じる詩弦、再び恐怖新聞の契約者となるが…『恐怖新聞』最終話

全文を表示