テレビ出演ランキング

細田善彦・大友花恋『35歳の少女』出演決定! 10/10(土)よる10時スタート

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年9月23日 09:49

10月10日(土)よる10時スタートの日本テレビ系10月期土曜ドラマ『35歳の少女』。

『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結し、『〇〇妻』以来、5年ぶりに柴咲コウと脚本家・遊川和彦のタッグが実現。『家政婦のミタ』以来、10年ぶりに遊川和彦が挑むホームドラマだ。

1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”、望美(柴咲コウ)。待ち受けていたのは、歳をとった体と受け入れ難い未来だった・・・問題を抱える家族や愛する人たちを変え、現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語だ。

この現代版“眠り姫”といえる本ドラマ。望美の妹・時岡愛美は橋本愛、望美の父・今村進次役には田中哲司、望美の父である進次の再婚相手・今村加奈役に富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也役に竜星涼、望美の母親・時岡多恵役に鈴木保奈美が決定している。

今回、愛美の元恋人・相沢秀男役に細田善彦、相沢の恋人で愛美の部下の林田藤子役に大友花恋が決定!

細田と大友は今回が初共演。細田は、橋本とは同じオムニバス映画への出演はあるが、実質的に今回が初共演。大友は、柴咲、橋本とも初共演となる。また、細田、大友ともに、遊川和彦脚本作品には初めての出演となる。

細田善彦 コメント

橋本さん演じる愛美の上司である、相沢秀男を演じさせて頂きます。
遊川さんの作品は子供の頃からたくさん観てきたのですが、実は、この作品のお話を頂く少し前にも過去の作品を改めて観直していた所でした。
いつ観ても色褪せることのない作品。その世界に参加させて頂ける事を非常に嬉しく思っています。
橋本さん、大友さんとご一緒するシーンが多いのですが、お二人のお力を借り、相沢というキャラクターを魅力的に演じ物語の一部になれたらと思います。

細田善彦:相沢秀男(35)役
愛美の勤める大手広告会社の営業部、課長。
愛美の重い愛にうんざりし、愛美と別れたが、ストーカーまがいの行動で追い回されている。

大友花恋 コメント

この度、林田藤子を演じさせていただきます。
1話の台本を読み、自分が自分らしく生きるためのエネルギーがうまく循環しないもどかしさを登場人物全員から感じました。私が漠然と感じていたモヤモヤとした想いは誰もが感じているものなのかもしれない、そしてこれから、そんな想いをこの作品がきっと明るく照らしてくれる、と早速救われこの作品のファンになりました。
藤子として、そんな作品の一部になれる喜びと責任をしっかりと噛み締めながら撮影に臨みます!

大友花恋:林田藤子(23)役
愛美の部下で相沢の恋人。
大手飲料メーカーの役員の父を持ち、父親のコネで入社。
大切に甘やかされて育ったため、周囲がチヤホヤしてくれるのは当然と思っている。

関連リンク
日向坂46 佐々木久美&富田鈴花「THE突破ファイル」でダンス好きの大学生役を熱演!

摩訶不思議?ポスタービジュアルが公開! 主題歌Sexy Zoneに決定!今夜PR映像で初解禁!

9か月ぶりに五反田に降臨!ISSA×ヒロミ×藤森の紆余曲折トリオ!

全文を表示