テレビ出演ランキング

熊切あさ美、次長課長・河本は”炎上芸人”!? ネット炎上を防ぐため、絶対にやってはいけないこととは?:じっくり聞いタロウ

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年8月1日 21:46

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。7月30日(木)の放送では、ネット炎上の実態から対策法まで大暴露!

ある日突然、人生を一変させてしまうかもしれないネット炎上。SNSにアカウントに誹謗中傷が殺到したり、ネット上で名前を知っていただけの相手から一方的に恨まれ死傷事件に発展したりした事例も。

ネット炎上させる側は、どのような人物なのだろうか? ネット炎上を未然に防ぐ方法を教えたり、炎上を火消ししたりする会社「MiTERU」の代表取締役のおおつねまさふみさんは、ネット炎上に関わった人物の統計をとってみたところ、ネットマニアや根暗な人が粘着質に書き込んでいるというイメージとは違い、「年収が高くて仕事もしっかりしていて、社会的には"ちゃんとしている人"と言われるような人の方が多かった」と判明したという。

jikkuri_20200801_02.jpg
書き込んだ本人に理由を聞いたところ、「良かれと思ってやった」「許せないと思って書いた」など良いことをしたと思っており、またその書き込みを読んだ人も「こいつに正義の鉄槌を下さなければ」「いや、お前のやっていることはパワハラだから」など、それぞれの「正義と正義のぶつかりあい」によりネット炎上が起こっていると場合が多いのだという。

ネット炎上しやすい要素として「自分が気にしている弱点を他人がやっていると、それが気になる法則がある」と、おおつねさん。例えば、太り気味でダイエットしたいと思っている人が、「ダイエット成功しました」という書き込みにケチをつけたくなり、「このダイエット方法は体に悪い」など書き込む。ひと言言いたい人が火付け役になり、SNSが炎上してしまうのだ。

週替わり女性MCの熊切あさ美も、「ネット炎上業界では有名な"炎上芸人"」と、おおつねさん。熊切は昨年7月、お笑い芸人、ドロンズ・石本武士からの求婚を断ったように読み取れるブログを更新し、「モテ自慢か!」と批判が殺到した。

jikkuri_20200801_03.jpg
さらに、MCの河本準一(次長課長)も熊切に次ぐ炎上芸人のひとり。2012年に吉本興業で事情説明会をした際の取締役が、今、おおつねさんの会社で謝罪担当をしているのだとか。

河本はいまだに8年前のことを言われるそうだが、粘着質な炎上業界に巻き込まれたくないために絶対にやってはいけないことがあるとおおつねさんは語る。

jikkuri_20200801_04.jpg
「炎上業界では投稿を消すのは一番やっちゃいけない。"暴言を吐いたり、名誉毀損をしたらマズイ"と思って消すと、"消したものこそ本音が出ている"と解釈される」とのこと。

また芸能人ではなく一般の方の場合はそこまで炎上はしないものの、暴言を吐いてすぐ消したとなると"消したのはやましいから"という受け取られ方をするのだという。ふと忘れがちだが、SNSの投稿は不特定多数の人に見られているので節度を持った投稿や発言を心掛けよう!

この放送は「ネットもテレ東」で期間限定配信中!

関連リンク
盗撮被害数4000件! 女性が気づかないまま撮影、販売されていることも...最新盗撮「絵画カメラ」の実態

現在18歳の元子役ツイッタラーはるかぜちゃん(ω)。 Twitterのバズと炎上を振り返る。

全文を表示