テレビ出演ランキング

多部未華子演じるメイ、“家政夫”大森南朋からの卒業を目指すが自分の家事力に絶望し…『私の家政夫ナギサさん』第3話

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年7月18日 14:53

多部未華子が主演を務めるドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第3話が、7月21日に放送される。

本作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナルコミックを原作に、多部演じる仕事はできるが家事と恋は不器用な28歳独身女性・相原メイが、おじさん家政夫を雇うことから始まるハートフルラブコメディ。メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・ナギサさん役を大森南朋、メイの仕事のライバルとなる田所優太役を瀬戸康史が演じる。

<第3話あらすじ>
メイとナギサさんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来る。メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること、そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。

ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘。しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。

そんな中、メイはライバル会社のMR・田所から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが……。

関連リンク
SixTONES、2ndシングル「NAVIGATOR」を披露!メンバーが夏のマストアイテムを語る『MUSIC FAIR』

ぺこぱ、チェアバンジー回避なるか…!?「火事場のボケ力を試してみた!」第2弾『お笑いG7サミット』

くりぃむしちゅー、アイドルを操る“カオス”展開に「神回すぎ!」視聴者高評価

マツコ『鬼滅の刃』風衣装に視聴者「鬼滅のマツコじゃん」と反響

冨永愛&SHELLY&ハリー杉山が語り合う、コロナの影響で変化した仕事の価値観とは?『ボクらの時代』

全文を表示