テレビ出演ランキング

「24時間テレビ43」記者会見レポート メインパーソナリティー5人が語った意気込み

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年7月8日 19:59

7月6日(月)、この夏で第43回を迎える日本テレビ「24時間テレビ43」の制作発表記者会見が行われた。今年の放送は2020年8月22日(土)、23日(日)となる。

メインパーソナリティーに就任することが同日の情報番組「スッキリ」および「ヒルナンデス!」で発表されたばかりの井ノ原快彦(V6)、増田貴久(NEWS)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)の5人、24時間テレビサポーターの徳光和夫、総合司会としてタッグを組んで7年目となる羽鳥慎一水卜麻美(日本テレビアナウンサー)が会見に参加。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出演者のいるスタジオと記者席を中継でつないでのリモート会見となった。

■キャプテン・井ノ原快彦が語る、歳を重ねての変化

キャプテンを務めるのは最年⻑の井ノ原。「24時間テレビは今年で43回目ということで、物心がついた頃にはもう24時間テレビは当たり前のように毎年放送されていました。10代とか20代の時は自分に自信がなくて、「なんだ俺全然頑張れてないな」とか思いながら見ていて、すごく番組がキラキラして見えて、そのキラキラがつらい時もありました。「あんなに頑張れてないよ」って...。」とこれまでのキャリアを振り返る。

「でも面白いなと思うのが、やっぱり年代とともに見方が変わってくるということですね。30代になったときに「何かできるんじゃないかな」とか「募金始めてみようかな」とか、今40代になってみるともうただただ頑張っている人を見ると泣けてくるし、何か応援してあげたいって気持ちなんです。今回は20代30代40代とグループの垣根を越えて集まったわけですけれども、それぞれのリアルな気持ちでぶつかっていけたらなと思います。」と笑顔を見せた。メンバーのチームワークについては「まだこのメンバーで食事したりしたことがないので、ここから関係性を作っていきたい」と笑いつつ、視聴者に向けて「見てくださいというより、一緒に作り上げていきたい。ご協力、よろしくお願いします」と呼びかけた。

■世代とグループの垣根を越えた、特別な布陣のメインパーソナリティー

副キャプテンを務める増田は4年ぶり3回目の就任。「今回は本当にいつもと違った形になると思うんですが、皆さんと一緒にこれから何ができるのか、「どんなふうに動いたらもっともっと明るい明日が未来が待ってるんだろう?」ということをこれからどんどん探して、動いていきたいなと思っています。」とコメント。

同日放送された「スッキリ」で、自身の副キャプテン就任発表に先駆けて水卜がMCの加藤浩次から副キャプテンに指名されていたことに触れ、「僕が一番驚いていると思います。『あとから変なやつ来たな』とか思ってません?」と指摘。一方の水卜は「加藤浩次さんから『やりなさい』と言われましたので...」としつつ「副キャプテンの座をかけて何かで対決しましょう」と会場の笑いを誘った。

北山、重岡、岸の3人は初のメインパーソナリティー就任。例年から大きく方向転換し、キャッシュレスでの募金を強化、毎年恒例の公道を使ってのチャリティーマラソンは実施しないなど、「新しい24時間テレビ」に臨むにあたり、北山は「自分たちができることを模索して、スタッフさんたちと考えて、いまできることを頑張りたい」と話し、重岡も「とにかく安全第一で、温かい番組作りに貢献できれば」と語る。岸は「番組を通じて心が動く瞬間のお手伝いをしたい」と決意を新たに語った。

世代とグループの垣根を越えた、今回の24時間テレビのための特別な布陣となったメインパーソナリティーの5人。キャプテンの井ノ原も「共通点があまりない」という。しかし最年少の岸が「後輩の僕が言うのも失礼になっちゃうかもしれないんですけど」と前置きしつつ「皆さん笑顔がかわいくて。だから映像越しにポジティブさやかわいさは届けられるなと確信しました」と持論を展開。「岸くんもかわいいよ」と4人から褒められると、「僕も含めてです」と笑顔で即答し、会場を沸かせた。

■今年のテーマは「動く

今年のテーマ「動く」の題字は、大河ドラマ「麒麟がくる」で話題を集めた書家の中塚翠涛が担当。

制作にあたり中塚は「日常生活が大きく変わり、世の中の流れが一時的に止まってしまった今、これまでの価値観を修正する大きなチャンスでもあるのかなと考えています。「動く」といっても一人一人いろんな動き方があります。軽やかな風、心に吹き抜けるような風をイメージしながら、強く、ぶれない意志を持って、どんな状況でも自分の出来ることを一歩ずつできるように。一人一人が、一人一人の動きが新しい道につながっていくような思いを込めて書かせていただきました。」とコメントを寄せた。



そして、この会見で情報解禁となった今年のチャリTシャツのデザインは現代アーティストの小松美羽が担当。チャリTシャツの情報はこちらのページにて:https://www.ntv.co.jp/24h/tshirt/

■番組概要

日本そして、世界を覆う新型コロナウイルスの影響。
私達の生活は、コロナ以前と以降ですっかり変わってしまいました。
ライブもお芝居も旅行も、仲間と語りあう時間さえもSTAYしてしまったこの数か月。
しかし、日常は少しずつ形を変えながらも、新しい一歩を確実に踏み出し始めています。
こんな時だからこそ、離れていても、心通わせて動き出そう、そんな思いが今年のテーマには込められています。
メインパーソナリティーは、グループの垣根を超え世代を超えて集まった井ノ原さん、増田さん、北山さん、重岡さん、岸さんの5人。
それぞれがしっかりとした“自分の考え”を持つ、個性豊かなメンバーとスタッフ一同
心をひとつにして「43回目ではなく、新しい日常での1回目」、
そんな決意で「新たな24時間テレビ」をお届けします。

■出演者

メインパーソナリティー:
井ノ原快彦 5年ぶり3回目
増田貴久 4年ぶり3回目
北山宏光
重岡大毅
岸 優太 初

24時間テレビサポーター:
徳光和夫

総合司会:
羽鳥慎一 
水卜麻美(日本テレビアナウンサー)

関連リンク
「日向坂46×DASADA Fall&Winter Collection」開催決定!

「DASADA〜未来へのカウントダウン〜」 日向坂46ドラマ出演メンバーによる 全話オーディオコメンタリー付き&スペシャルトーク番組放送決定!

地域振興ディレクター・上野達生さんに学ぶリブランディングの手法。佐藤アナの“秘密”を分析!『佐藤真知子のブランディング』とは?

全文を表示