テレビ出演ランキング

松嶋菜々子、吉田茂を支えた元芸者の“こりん”役で笑福亭鶴瓶と共演!仲睦まじく御座敷遊びも…

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2020年2月1日 14:33

松嶋菜々子が、2月24日(月)放送のテレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』(テレビ東京系、21:00~)に出演することがわかった。

戦後75年という節目を迎える8月を前に、テレビ東京では、日本が敗戦から立ち直り、独立国家として確固たる地位を築くまでの物語をスペシャルドラマとして放送。ドラマでは、「日本は絶対立ち直る」という思いを胸に、独立を目指した吉田茂による戦後政治の軌跡と、その生きざまを描いていく。吉田を笑福亭鶴瓶が演じるほか、生田斗真新木優子佐々木蔵之介安田顕勝地涼前野朋哉矢本悠馬らの出演が発表されている。

本作で松嶋は、妻の死後に吉田を支えた元芸者の“こりん”こと、坂本喜代役で登場。昨年放送され、大きな話題となったNHKの朝ドラ『なつぞら』で主人公の母親を演じた松嶋が、今度は奥ゆかしくも凛とした佇まいのこりんを演じきる。

後妻となってからは、大磯の別荘で共に生活をしながら、日本のトップへと上り詰めた吉田を持ち前の頭の良さと気配りで静かに支え続けたこりん。今回は、そんな吉田とこりんが仲睦まじく御座敷遊び「お開きさん」に興じるシーンも公開された。

美しさと儚さを兼ね備えたこりんを演じた松嶋は、「芸者さんでいらした方なので意識したのは“粋”。その定義は難しいものでしたが、表に出ることなく吉田茂に寄り添い影で支え続け、吉田茂の娘・和子とも良好な関係を築いていることから、賢い居心地の良い素敵な女性だったのではないかと思い、メイクや衣装でもその“粋”を意識しました」と役作りのポイントを披露。

また、2度目の共演となる鶴瓶に対しては、「とてもユーモアがあり温かくスマートな人柄は、吉田茂の魅力を表現するのにピッタリ。現場でお会いした時は、似ているその風貌も含めて驚き、この企画でキャスティングされた方のセンスが凄いと感心しました」と絶賛した。

撮影中は鶴瓶に笑わせられっぱなしだったそうで、「2人で御座敷遊びをするシーンで思わず関西弁が出てしまった鶴瓶さんが、とてもチャーミングでした」と回想。最後は、「このドラマの見どころは、なんと言っても吉田茂を鶴瓶さんが演じられるところです。どうぞご期待ください」と締めくくった。

関連リンク
野人・岡野雅行、トレードマークのロン毛をバッサリ!その理由は?

小川彩佳、トークバラエティ初出演で週末婚状態だという知られざる私生活を語る

博多華丸・大吉&千鳥『R-1ぐらんぷり』の“テッパン”エピソードを披露「記念にいい時計でも…」

出川哲朗&夏菜ら越前ガニに大感激!番組ファンの男性と走行も!?『充電旅』

おのののか、温泉大好き寺脇康文&原田龍二と信州へほっこり旅!

全文を表示