テレビ出演ランキング

ずん飯尾、現役キャバ嬢「とりあえず抱こか?」の決め台詞に驚き!『かりそめ天国』

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2019年6月6日 10:32

マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:20~ ※一部地域を除く)。6月5日は「欲望VTR」のひとつ「No.1キャバ嬢の顔をガンガン見て飯尾No.1を決めたい!」を放送。ずん・飯尾和樹が日本各地の歓楽街でお気に入りの1名を選ぶ人気企画が行われた。

今回飯尾が訪れたのは、愛媛県松山市の歓楽街。まず1軒目に訪れた***は、6,000円が平均価格の松山で1万円をとるという高級店へ。飯尾の前に現れたのはきりさん(38)。彼女は、河内晩柑を手に持ちいきなりハグのスキンシップ。飯尾は「抱き着いた時に河内晩柑が胸にも2つあったような」とレポートして笑いを誘う。きりさんは、国立の愛媛大学卒のエリートだそうだが、学費と生活費を稼ぐために18年前にアルバイトをはじめると、仕事が楽しくて***の世界にのめりこんだという。大学1年の頃には父親の給料を超えたと聞き、飯尾は「子役の家庭が崩壊する時はそうだって言いますからね」と抜群のコメント。VTRを見ていたマツコから「今日絶好調じゃない?」と絶賛された。

そんな彼女だが、スーツ、メガネ、ネクタイが理想だと言い「ちゃんとした方が乱れるのが一番好き」とまるで飯尾を誘うかのようなトークを始める。ここで、飯尾を女性役として理想の“乱れシチュエーション”をやってみることに……。ソファに押し倒し飯尾の上にまたぎ、メガネとネクタイを外す素振りを見せると、飯尾は「Vシネの観すぎ」とツッコミを入れた。

続いては、「ド変態」だという触れ込みで登場したあこさん(25)。14歳の時に家を出たという彼女は、小学校時代からヤンキーで、そのままキャバ嬢の道へ。今では2人の子を養うシングルマザーであるとのこと。人生経験豊富な彼女は、どんな悩み相談でも受け入れるとし「とりあえず抱こか?」が決め台詞であることを明かした。このほかにも、松山の有名キャバ嬢が紹介されたが、結局飯尾が選んだのはあこさんだった。

関連リンク
渡辺謙、再婚の可能性は!?息子・大と娘・杏への思いも明かす『シンソウ坂上』

モーリー・ロバートソン、30年ぶりに“原点”ハーバード大学へ『アナザースカイII』

羽鳥慎一&水卜麻美、嵐とデスマッチ対決!『24時間テレビ』チャリTシャツのデザインも発表

木村多江扮する早苗が誰かを殺害!?推理モードの田中圭は思わぬ手がかりをつかみ…『あなたの番です』第9話

内田理央木下隆行黒羽麻璃央ら豪華キャスト集結のライブ配信企画を実施!『向かいのバズる家族』

全文を表示