テレビ出演ランキング

綾瀬はるか、竹野内豊とドラマ初共演!TBS火曜ドラマで義母役に初挑戦

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2018年4月28日 15:18

女優の綾瀬はるかが、7月スタートの新ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系、毎週火曜22:00~)にて、初の義母役に挑戦。また、竹野内豊とドラマ初共演を果たすことがわかった。

本作は、桜沢鈴による、今や入手困難な幻の同名4コマ漫画(ぶんか社刊)の映像化。綾瀬演じるキャリアウーマン・岩木亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間のハートフルな物語。大事件でもハプニングでもなく、当たり前の喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡を描く。脚本は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『白夜行』(2006年)、『MR.BRAIN』(2009年)、『JIN-仁-』(2009年、2011年)、『とんび』(2013年)、『天皇の料理番』(2015年)など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子が担当する。

亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一を演じるのは、TBSの連続ドラマには6年ぶりの登場となる竹野内。決して優秀な仕事ぶりではないが、職場では誰からも愛され、日々小さな奇跡を見つけることが好きな朗らかな性格で、8歳の娘を持つ父親という役どころだ。

綾瀬は「キャリアウーマンが仕事のようにはうまくいかず、子どもに悪戦苦闘する姿は滑稽なところもあるんですが、温かくて、クスッと笑えて、ほっこりする物語です。視聴者の皆様にもほっこりしていただける様に頑張ります」とコメント。竹野内は「台本を読ませていただき、“人との関係を結ぶこと”の意味を考えさせられました。血の繋がりはなくとも、それぞれに日常起こる悲しみや喜びを、惜しみない愛と努力で共有していく家族の姿は、とても愛おしいです。義母と娘と実父の、誰かを幸せにしてあげたいともがく様を毎週ご覧いただけたら。頑張ります」と語っている。

飯田和孝プロデューサーは「“日常に満ち溢れている優しさ”を、ドラマを見てくださる皆様に感じてもらえたら。一生懸命仕事に向き合ってきた主人公が、一生懸命義母になろうとする物語です。娘を一生懸命想い続ける義母、戸惑いながらも一生懸命受け入れようとする娘、家族を支える夫、そんな“一生懸命”が満ちた毎日には、喜びがあり、時には悲しみがあり、小さな奇跡がある、そんなドラマになればと思っております。スタッフ・キャスト一同、精一杯、一生懸命創っていきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いします」とメッセージを寄せている。

関連リンク
『花のち晴れ~花男 Next Season~』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト

国宝級イケメン・中川大志『プレバト!!』初登場でいけばな初挑戦

大橋未歩、フリー転身後初レギュラー!個性的な地方局アナたちにタジタジ

ジャニーズJr.高地優吾、先輩・二宮和也と『ブラックペアン』で初共演

人気声優・内田真礼が意外な“声優の極意”を伝授!?

全文を表示