テレビ出演ランキング

上戸彩、3年ぶりドラマ出演 竹野内豊に想いを寄せるヒロイン役

発行元:テレビドガッチ | 登録日時:2018年3月1日 18:11

女優の上戸彩が、テレビ東京系にて3月30日(金)に放送される『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』(21:00~22:48)で、3年ぶりのドラマ出演を果たすことがわかった。

本作は、第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本城雅人氏の「ミッドナイト・ジャーナル」が原作。元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品で、誤報を打ち飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘する様子が描かれる。

主演の竹野内が演じるのは、家族も子どもも失った「仕事命」の新聞記者、関口豪太郎。そのほか、佐藤浩市の息子で俳優の寛一郎や、小日向文世松重豊ら実力派俳優陣が脇を固めている。

その中で上戸が演じるのは、豪太郎に想いを寄せ、共に連続誘拐殺人事件を追う新聞記者・藤瀬祐里。オファーを受けた際を振り返り、上戸は「色々な作品を見たり、読んだりしている中で“社会派の作品に出たい”と思っていたので、“やった!”と思いました」と喜んだことを明かし、演じる祐里については「とても心があったかい女性だなと感じた」と言い、演じる上でのその部分を大切にしたと語る。

また、竹野内が主演ということもオファーを受けた理由だと言い、「7年ぶりの共演で、作品内でも豪太郎とタッグを組むのが7年ぶりということで、それも何かの縁なのかなと思いましたし、嬉しかったです。毎日楽しく演じることができました。シリーズ化を狙っています(笑)」とニヤリ。初共演となる寛一郎については、「セリフを話している感じがない、すごくナチュラルなお芝居をされる方だなと思いました。人柄もすごく柔らかいですし、明るい方です。それぞれのキャラクターや立ち位置がある中で、3人のシーンもとても楽しく撮影させていただきました」と語った。

そして最後に、「映画を撮影しているスタッフさんが集結しているというのもありますが、ドラマという枠を超えた、とてもクオリティの高い作品に仕上がっています。ぜひ多くの方にご覧いただきたいです」と視聴者に呼びかけていた。

関連リンク
竹野内豊、テレ東初主演 本城雅人氏の「ミッドナイト・ジャーナル」をドラマ化

佐藤浩市の息子・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊の部下役に

『ミッドナイト・ジャーナル』に小日向文世松重豊ら実力派勢揃い

夏木マリ“つるとんたん”は「私の店じゃない」都市伝説を否定

広瀬すず主演『anone』第7話、ニセ札作りを強要された亜乃音たちは…

全文を表示