テレビ出演ランキング

北川景子に続く“汚食事クイーン”!? 本田翼の衝撃的な箸の持ち方に「スタダはこんなんばっか」

発行元:サイゾー | 登録日時:2017年3月22日 23:00

<a href=北川景子に続く汚食事クイーン!? 本田翼の衝撃的な箸の持ち方に「スタダはこんなんばっか」の画像1" src="http://www.cyzo.com/images/hondatsubasa0322.JPG" width="393" height="300" class="mt-image-none" style="" />
YouTubeより

モデルで女優の本田翼が見せた“不思議な箸の持ち方”が話題だ。

問題のシーンは、佐藤浩市とダブル主演を務めた映画『起終点駅 ターミナル』(2015)の食事シーン。本田は、北海道の鶏肉料理・ザンギを食べる場面で、親指と小指で挟みこむように箸を持ち、ピンと伸びた人差し指は浮いた状態。時にから揚げを挟む箸がクロスする瞬間もあるなど、なんとも不可解な箸づかいを見せているのだ。

これが最近、ネット上で話題になり、「見る目変わった」「これは衝撃的」「逆にどうやったらこんなふうに持てるんだ?」「周りは注意しないのか?」「さすがモデル上がり」「スターダストのタレントは、こんなんばっかだな」といった声が相次いでいる。

「天真爛漫な性格でおなじみの本田ですが、箸の持ち方までぶっ飛んでいるとは、ファンも知らなかった様子。『起終点駅 ターミナル』において、主人公の2人がザンギを食べる場面は極めて印象的なシーン。ちょっとした所作が、作品の世界観をブチ壊してしまうこともあるため、女優はこういう細かい点にも気をつかうものですが……」(芸能記者)

食事の所作といえば、本田と同じスターダストプロモーションに所属する女優・北川景子の箸づかいがたびたび話題に。北川は、親指、人差し指、中指の3本の指で、力強く箸を握るスタイルで、さらに食べ物を口いっぱいにほお張る“リス食い”が印象的だった。

「DAIGOと婚約を発表した後にも、テレビ番組の食事シーンで“手皿”をしてひんしゅくを買っていた北川ですが、事務所の指導が届いていないのも原因では? スターダストは、演技やダンス、歩き方のレッスンは行うものの、マナーに関しては家族や本人に任せている。ただ、オスカープロモーションのように、マナーや教養、語学などのレッスンを重視するような事務所も多い。スターダストは、所属者の箸づかいをチェックするべきかもしれません」(同)

北川に続き、“汚食事”ぶりが注目を浴びてしまった本田。女優として第一線で活躍しているだけに、箸の持ち方を見直したほうがよさそうだ。

全文を表示